その他の増額要素

不倫の際に発生する慰謝料の基準については、あくまでも一般的なものである場合です。これについては、様々な別の要素が加わることによって精神的苦痛が左右されるため、慰謝料の金額についても影響を受けることになります。それでは、どのような場合において慰謝料が左右されるようなことになるのでしょうか。

婚姻期間最初に慰謝料が左右される条件として紹介するのは、不倫相手の年齢についてです。不倫を行っている人と不倫相手との年齢について差が大きければ大きい程、どちらが主導権を握っていたのか、ということを判断する基準とされることがあります。増額の要素の一つとして考えられるポイントとなっています。

次に、婚姻期間についても大きなポイントの一つです。婚姻期間が短い間であれば比較的精神的苦痛は少ないと判断される場合があります。しかし、婚姻期間がながければ長いほど、慰謝料は高額になりがちです。同じく、家庭の状況についても慰謝料増額に対して影響を与えることになります。不倫前の家庭が円満な状態であったのであれば、家庭を崩壊させたという責任を追及されることになるため、より高額な慰謝料の設定が行われる場合が多くなっている、というのが全体的な特徴です。

慰謝料の相場は?

慰謝料それでは、不倫によって発生する慰謝料については、どの程度の目安が存在しているのでしょうか。ケース別にどのような金額に設定される場合が多いのかを、過去の民事裁判の判例などから簡単にピックアップして紹介します。最初に紹介するのは、不倫が原因によって離婚や別居に至ったわけではなく、夫婦関係は継続されることになった場合についてです。これについては、ある程度は許容することができる範囲内であったというように判断されることとなり、慰謝料の金額は抑えられたものとなります。一般的な例では、50万円から100万円程度になる場合が多いようです。

次に、不倫が原因で別居することになってしまった場合です。こちらについては、より重い精神的な苦痛が与えられていることが想定されるため、金額も高いものとなります。100万円から200万円前後が一般的な相場となっています。最後に、不倫を原因として離婚に至ってしまった場合は、大きな精神的苦痛があったものと判断されます。この場合は200万円から300万円程度が一般的な金額となるでしょう。芸能人のニュースなどで見るような、億単位の金額の請求がなされることはほとんどありえないことです。

不倫と慰謝料

不倫は、刑法によって禁止されている不法行為というわけではありません。しかし、だからといってして良いことであるわけでももちろんありません。不倫は刑法で裁かれることはありませんが、この行為によって配偶者を傷つけてしまうようなことがあれば、民事訴訟によって慰謝料の請求が行われる場合があります。それでは、どのような場合において慰謝料の請求と言うのは発生するものなのでしょうか。そして、この慰謝料というのはどの程度の金額となるものなのでしょうか。

精神的苦痛慰謝料が発生することになるのは、誰かに対して精神的苦痛を与えてしまった場合です。より正確には、誰かが精神的苦痛を受けたということを訴えた場合となります。前述の通り不倫というのは刑法に規定されているものではなく、民事での裁定ということになるため、決まった基準が存在しているわけではありません。この金額についてはまちまちで、多額になる場合もあれば、比較的少額で抑えられる場合があります。この金額については、不倫の内容などが悪質性のあるものであるかどうかなどによってある程度左右されることになるでしょう。

この慰謝料の支払いについてはケースバイケースで決定されているもののため、過去の判例などが参考になるポイントの一つです。損害が大きくなればなるほど金額についても大きなものとなっていきます。また、配偶者だけではなく、不倫の相手に対しても慰謝料の請求は可能であるため、両者が訴えられることもあります。


▼参考▼
慰謝料とは?